Jul 19

Brian Eno – Small Craft On A Milk Sea (2010) 
FLAC (tracks) 24 bit/44.1 kHz | Genre: Ambient and Modern Classical | 478 MB | Artwork: Front cover
With Jon Hopkins and Leo Abrahams. Original wav files from bleep.com.

Tracklist

01 – Emerald & Lime
02 – Complex Heaven
03 – Small Craft on a Milk Sea
04 – Flint March
05 – Horse
06 – Two Forms of Anger
07 – Bone Jump
08 – Dust Shuffle
09 – Paleosonic
10 – Slow Ice Old Moon
11 – Lesser Heaven
12 – Calcium Needles
13 – Emerald & Stone
14 – Written Forgotten
15 – Late Anthropocene 2

Continue reading »

Jul 19

Brian Eno – LUX (2012)
FLAC (tracks) 24 bit/44,1 kHz | Time – 75:21 minutes | 626 MB | Genre: Ambient
November 2012 | Official Digital Download – Source: Bleep.com | Front cover

LUX is one of Eno’s most ambitious works to date; it is a 75-minute composition in twelve sections that evolved from a work currently housed in the Great Gallery of the Palace of Venaria in Turin, Italy. The album is Eno’s third for Warp, following Small Craft on a Milk Sea (with Jon Hopkins and Leo Abrahams) and Drums Between The Bells (with Rick Holland).

LUX is Brian Eno’s first solo album on Warp Records and his first solo album since 2005’s Another Day On Earth. It finds him expanding upon the types of themes and sonic textures that were present on such classic albums as Music For Films, Music For Airports and Apollo: Atmospheres and Soundtracks. Eno sees it as a continuation of his ‘Music for Thinking’ project that includes Discreet Music (1975) and Neroli (1993).

Tracklist:
01 – “LUX 1” – 19:22
02 – “LUX 2” – 18:14
03 – “LUX 3” – 19:19
04 – “LUX 4” – 18:28

Continue reading »

Jul 19

Brian Eno – The Ship (2016)
FLAC (tracks) 24-bit/44,1 kHz | Time – 47:30 minutes | 438 MB | Genre: Ambient
Studio Master, Official Digital Download – Source: | Front Cover | © Warp Records

The Ship is Eno’s first solo record since 2012’s Grammy-nominated LUX. Originally conceived from experiments with three dimensional recording techniques and formed in two, interconnected parts, The Ship is almost as much musical novel as traditional album. Eno brings together beautiful songs, minimalist ambience, physical electronics omniscient narratives and technical innovation into a single, cinematic suite. The result is the very best of Eno, a record without parallel in his catalogue. This is the deluxe CD with 8 page booklet and 4 art cards in case bound wallet with spot gloss UV and cloth bound spine.

Tracklist:

01. The Ship
02. Fickle Sun (I)
03. Fickle Sun (II) The Hour Is Thin
04. Fickle Sun (III) I’m Set Free

Continue reading »

Jul 18

97年9月22日、衝動的な解散発表を行い、音楽シーンに多大な功績を残したX JAPANは、17年間の長い歴史に終止符を打った。常に新しい事に挑戦し、現在活躍しているアーティスト達にも大きな影響を与えている。88年4月にX初アルバムとしてリリースしたこの「Vanishing Vision」は、「KURENAI」(英語バージョン)や「ILL KILL YOU」、そしてクラッシックの要素を盛り込んだ「ALIVE」など過激でドラマティカルな内容の初期名盤。これを聴かずしてXは語れない。

X – Vanishing Vision [1988.04.14]

収録曲
01. Dear Loser
02. Vanishing Love
03. Phantom of Guilt
04. Sadistic Desire
05. Gime Me the Pleasure
06. I’ll Kill You
07. Alive
08. Kurenai
09. Un-Finished…

Continue reading »

Jul 18

レーベル Lantis
配信開始日 2017.02.22
収録曲数 全14曲
販売データ ハイレゾ|FLAC|96.0kHz/24bit

http://mora.jp/package/43000152/A52472/
http://www.e-onkyo.com/music/album/laca15627/

最前線で歌い続けるアニソンシンガー「TRUE」の2ndアルバム!

=====================
作詞家としてはもとより、2014年からはアーティストとしても活動をスタートさせた“TRUE”。これまでにも、数々のTVアニメOP/EDテーマを手がけ続けている彼女だが、今回、TRUEとして2枚目となるフルアルバム「Around the TRUE」を発売。ハイレゾ版も同日リリースされた。
今回の2ndアルバムには、「DREAM SOLISTER(Movie Ver.)」や 「サウンドスケープ」など、TVアニメ『響け!ユーフォニアム』関連の楽曲に加え、「STEEL -鉄血の絆-」(TVアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』ED主題歌)や「飛竜の騎士」(TVアニメ『最弱無敗の神装機竜』OP主題歌)、「Divine Spell」(TVアニメ『レガリア The Three Sacred Stars』OP主題歌)など、数々のオープニング/エンディングテーマ曲を収録。ダンスミュージックやバラードなど様々な曲調の音楽が楽しめる、バラエティに富んだアルバムに仕上がっている。

<サウンドインプレッション>
圧倒的なエネルギッシュさと、美しい響きを併せ持つTRUEの歌声は、今作でも魅力全開。特にハイレゾ版では、あまりに美し過ぎる歌声が、実はとても強靱で、かすれさせたり揺らしたりといった表現のなかでもまったく途切れることなく、まるでしなやかな鞭のように途切れることなく声が響き続けている様子が感じとられる。いやもう、素晴らしいを越えて、スゴイのひとこと。こんなに強靱なヴォイスを持つ人はそうそういない。そんな、TRUEならではのヴォーカルを楽しめるだけでも、このアルバム「Around the TRUE」には大きな価値がある。
また、疾走感のある、グルーブ感溢れた楽曲のイメージが強いTRUE楽曲だが、実はシンセサイザーや打ち込み系ばかりでなく、思っている以上にアコースティック楽器が活用されていたりする。TVアニメ『響け!ユーフォニアム』関連楽曲のブラスバンド演奏をはじめ、「STEEL -鉄血の絆-」ではアコースティックギターが印象的に使われていたり、ドラムも曲調によって打ち込みと生演奏とを使い分けていたりと、アレンジに関してはかなりのこだわりが盛り込まれていたりする。そういった細やかなニュアンスの再現に関しては、やはりハイレゾ版が有利といえる。何よりも、TRUEならではの美しくも力強い歌声が存分に楽しめるという点で、ぜひオススメしたいバージョンだ。
(野村ケンジ)

=====================
※こちらの商品は、ハイレゾ音源(高音質音源、Hi-Res)商品です。

【タイアップ】
「サウンドスケープ」:
TVアニメ『響け!ユーフォニアム2』 OP主題歌

「STEEL -鉄血の絆-」:
TVアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』ED主題歌

「飛竜の騎士」:
TVアニメ『最弱無敗の神装機竜』OP主題歌

「Divine Spell」:
TVアニメ『レガリア The Three Sacred Stars』OP主題歌

「DREAM SOLISTER(Movie Ver.)」:
『劇場版 響け!ユーフォニアム』主題歌

収録曲

1 – Rainbow The Daydream – 05:10
2 – サウンドスケープ – 04:46
3 – アイワナビ – 03:54
4 – STEEL -鉄血の絆- – 05:21
5 – 飛竜の騎士 – 05:31
6 – グレースケール – 04:06
7 – RIPTIDE – 04:03
8 – Divine Spell – 04:45
9 – 鍵のない鳥籠 – 04:38
10 – ボイスグライダー – 05:08
11 – 海底のお城 – 04:02
12 – ヒカリ – 05:02
13 – TRUE COLORS – 04:57
14 – DREAM SOLISTER (Movie Ver.) – 06:03

Continue reading »

Jul 18

レーベル Sony Music Labels Inc.
配信開始日 2017.02.15
収録曲数 全6曲
販売データ ハイレゾ|FLAC|96.0kHz/24bit

http://mora.jp/package/43000001/4547366299229/

全国パワープレイを獲得した10月リリースのセカンドシングル「The lastrain」に続くサードシングル。
聞く人を包み込むような歌声と、神秘的な存在感が徐々に世の中に浸透している中リリースする今作の表題曲「フリージア」は、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』(第2期)2017年1月クールのエンディングテーマ。

「フリージア」は、花言葉で“親愛の情”“純潔”という意味を持つタイトルの通り、祈りにも似た清らかな絆と心に秘めた決意を、Uruの持つ透き通る歌が、聴き手の心を優しく包み込むバラード。
デビュー曲「星の中の君」の歌声の透明感、セカンドシングル「The last rain」で見せたスケールの大きさの両面を併せ持つ楽曲に仕上がっている。

カップリング曲の「娘より」は、人気脚本家・大石静が脚本を手掛け、渡辺謙が主演を務めるMBS開局65周年記念ドラマ「しあわせの記憶」のために書き下ろした楽曲で、Uru初のドラマ主題歌。
当時は気付かなかった親心や家族への想いを娘からの目線で綴った、心がじんわりと温まるミディアムバラード。

【タイアップ】
「フリージア」:
『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第2期エンディングテーマ

「娘より」:
MBS開局65周年記念 新春ドラマ特別企画 「しあわせの記憶」主題歌

収録曲

1 – フリージア – 05:35
2 – 娘より – 05:41
3 – No way !! – 03:04
4 – フリージア -instrumental- – 05:35
5 – 娘より-instrumental- – 05:41
6 – No way !!-instrumental- – 02:59

Continue reading »

Jul 18

レーベル Sony Music Labels Inc.
配信開始日 2015.04.22
収録曲数 全4曲
販売データ ハイレゾ|FLAC|96.0kHz/24bit

http://mora.jp/package/43000001/4547557038606/

藍井エイルの10枚目のシングルは、持てる力を全て注いだ渾身の1作!

これまでにも名曲の呼び声高い楽曲を数多く輩出してきた彼女の通算10枚目のシングルとなる今作は、
培った全ての力を注ぎ込み、満を持して世に放つ渾身の1曲。

「ラピスラズリ」は、壮大な情景描写の中の情熱的なメロディが心に刺さる、藍井エイルの新境地と言える渾身の1曲で、エイル本人も作詞に参加。

カップリング曲には、これまでにも「サンビカ」など多数の楽曲を手掛けた安田貴広作詞・作曲の、ゴリっとしたアッパーヘヴィチューン「空蝉アルティメット」と、
デビュー曲「MEMORIA」を手掛けた安田史生が作曲、エイル本人が作詞をした「リンドウの花」を収録。

全3曲がそれぞれの色を放ちながら、物語を綴るかのような流れを持ったシングルとなっています!

2015年は”藍い台風”が上陸すること間違いナシ。

※こちらの商品は、ハイレゾ音源(高音質音源、Hi-Res)商品です。

【タイアップ】
「ラピスラズリ」:
MBS/TBS系TVアニメ『アルスラーン戦記』エンディングテーマ

収録曲

1 – ラピスラズリ – 04:00
2 – 空蝉アルティメット – 04:03
3 – リンドウの花 – 04:45
4 – ラピスラズリ (Instrumental) – 03:57

Continue reading »

Jul 18

レーベル Lantis
配信開始日 2014.08.20
収録曲数 全12曲
販売データ ハイレゾ|FLAC|96.0kHz/24bit

http://mora.jp/package/43000152/LASA-5026_F/

代名詞となるであろう期待作!
声優事務所`ミュージックレイン`所属の
寿美菜子、高垣彩陽、戸松遥、豊崎愛生の4人によるスーパー・ガールズ・ユニット、スフィアのファースト・アルバム。
これまで発表してきたタイアップソングに加えて、さらにバラエティーに富んだスフィアのオリジナルのサウンドを収録。

======================
48kHz/24bitなどのスペックを持つオリジナル音源を、ハイレゾVerとして最適な
サウンドとして作り上げるべくソニースタジオでリマスタリング。
96kHz/24bitスペックにて配信されている。

======================

※こちらの商品は、ハイレゾ音源(高音質音源、Hi-Res)商品です。

【タイアップ】
M1:「初恋限定。」オープニング主題歌
M9:「宙のまにまに」オープニング主題歌

収録曲

1 – Future Stream – 04:20
2 – 本当だから困るんだ – 04:48
3 – PRINCESS CODE – 04:38
4 – Treasures!! – 04:06
5 – 君の空が晴れるまで – 04:34
6 – らくがきDictionary – 04:35
7 – Dangerous girls – 03:55
8 – Dream sign – 04:56
9 – Super Noisy Nova – 04:26
10 – Joyful×Joyful – 05:27
11 – サヨナラSEE YOU – 04:35
12 – A.T.M.O.S.P.H.E.R.E – 05:25

Continue reading »

Jul 18

Avenged Sevenfold – The Stage (2016)
FLAC (tracks) 24 bit/96 kHz | Time – 1:13:39 minutes | 1,57 GB | Genre: Rock
Studio Masters, Official Digital Download – Source: HDTracks | Digital Booklet | © Capitol Records

The Stage is the seventh studio album by American heavy metal band Avenged Sevenfold. It is a concept album about artificial intelligence and self-destruction of society. It was released on October 28, 2016 after a live stream event on the band’s Facebook page. The Stage is the first Avenged Sevenfold album to feature Brooks Wackerman on drums, who joined the band in 2014, but wasn’t revealed as Arin Ilejay’s official replacement until Illejay’s departure in 2015. The Stage is also the band’s first album to be released through Capitol Records. It is also the band’s longest studio album at 73 minutes and 35 seconds, thus beating City of Evil by almost a minute. The album also features their longest song to date, “Exist”, with a run-time of 15 minutes and 41 seconds.

The seventh studio long-player from the veteran California-based metal ensemble, and their first new collection of music to feature ex-Bad Religion drummer Brooks Wackerman behind the kit, Stage sees Avenged Sevenfold rolling up their sleeves and delivering an ambitious concept LP. Dropped with little to no promotion — WWE superstar and Fozzy frontman Chris Jericho leaked the album’s original title, Voltaic Oceans, via his Instagram account a month prior to the release — the narrative concerns itself with the Orwellian consequences of a world struggling to adapt to the myriad complexities of artificial intelligence — there’s even a spoken word appearance by celebrity astrophysicist Neil deGrasse Tyson. Despite some forays into Floyd-ian space rock — the soloing in the orchestra-driven “Roman Sky” is positively Gilmour-esque — the 11-track set mostly sticks to the kind of propulsive, melodic carnage that fans have come to expect from the group, albeit with a progressive metal twist. Avenged Sevenfold may have expanded their sonic horizons, but Stage is more Operation: Mindcrime-era Queensrÿche than it is Muse, and for all its opining on nanotechnology and interstellar travel, it still feels rooted in heavy metal tradition. ~~AllMusic Review by James Christopher Monger

Tracklist:

1. The Stage 8:32
2. Paradigm 4:19
3. Sunny Disposition 6:41
4. God Damn 3:42
5. Creating God 5:35
6. Angels 5:41
7. Simulation 5:31
8. Higher 6:29
9. Roman Sky 5:00
10. Fermi Paradox 6:31
11. Exist 15:39

Continue reading »

Jul 18

Avenged Sevenfold – Hail To The King (2013)
FLAC (tracks) 24 bit/48 kHz | Time – 53:22 minutes | 732 MB | Genre: Metal
Official Digital Download – Source: HighResAudio.com | Front cover

Produced by Mike Elizondo, Hail To The King is the follow up to the band’s 2010 release, Nightmare, which debuted at Number One on the Billboard Top 200 Album Chart, Hard Rock Chart and Digital Chart.

Following the release of “Carry On” for the Call of Duty Arms: Black Ops II video game, Avenged Sevenfold returned to the studio with new drummer, Arin Ilejay of Confide, to record 2013’s Hail to the King. In a press announcement, vocalist M. Shadows announced they would be attempting to go back to their Black Sabbath and Led Zeppelin roots, and at the surface, the idea of dumbing down their music to sturdy classic rock grooves made a lot of sense, since many of the compositions on their last two albums had become overwrought with studio overdubbing. Unfortunately, once they tried to take inspiration from other bands, they mimicked them so well that they lost their sense of identity in the process. “Doing Time” came straight out of the Guns N’ Roses songbook, “This Means War” is a direct rip of Metallica’s “Sad But True,” and “Crimson Day” could be any number of ’80s hair metal power ballads. By the album’s second half, Avenged Sevenfold can’t help but let loose their guitar shredding theatrics a bit, and their personality starts to shine through as the tempo quickens and tracks take flight to unabashed heights. “Heretic” and “Coming Home” are still firmly indebted to their roots (specifically, Megadeth and Iron Maiden) but they are exciting metal numbers, and they set the stage for the colossal “Planets,”, which incorporates motifs from “The Planets” suite by 20th century composer Gustav Holst and includes all the arpeggiated soloing and operatic yowling you could ever want. If this sounds ridiculous, that’s because it is, but it’s undeniably more fun to hear the members pushing themselves and showboating than doing mock covers.

Tracklist:
01 – Sheperd Of Fire
02 – Hail To The King
03 – Doing Time
04 – This Means War
05 – Requiem
06 – Crimson Day
07 – Heretic
08 – Coming Home
09 – Planets
10 – Acid Rain

Musicians:
M. Shadows – vocals
Synyster Gates – lead guitar
Zacky Vengeance – rhythm guitar
Johnny Christ – bass
Arin Ilejay – drums

Continue reading »

Page 10 of 123« First...89101112...203040...Last »